スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | comment(-)

サマーウォーズ感想

ポケモンマグネット

長期休暇だから昔から知ってる大病院で慢性的な胃腸不良について詳しい検査を受けてる
いろいろやって…結論はすぐに出されず、ひとまず今週と来週、心理テスト受けることに
1時間以上かかるような本式なものは初めて
いい方向に話が向くといいんだけど…

追記から「サマーウォーズ」の感想
ネタバレ注意
時かけは原作も監督も評判も知らなくて、ただキャラデザが貞本さんなので見に行きました。
そしたらなんてテンポの良い爽やか青春映画!
その時かけのスタッフが再集結して映画を作るということで観に行くのを楽しみにしていました。

結果、面白かったですー
家族ものってもともと大好きなんです(´∀`)
家族の中だけで話が進んでいたけど、変に組織や国がでしゃばってこないほうが「伝えたいこと」にピントが合うのかな

カズマ君想像より声高くて意外でした
でもクールキャラぽかった前半とは違った姿を後半に見せていたから案外あれでぴったりなのかも

栄おばあちゃんが亡くなったところは悲しかったけど、一番泣けたのは入道雲をバックに幼い佗助とおばあさんが歩いているカット!
そして、車中でおばあさんの死を知った侘助を、道端から幼い佗助とおばあさんのイメージが眺めているカット!
そしてそして、佗助が「ばあちゃんなら分かってくれるだろ」とAI開発についておばあさんに話しているシーン!(ここの侘助の表情が!)
って佗助とおばあさんばっかだw

なんにしろ私の涙腺はかなりゆるい
というか泣いてる人結構多かった

ああいう雰囲気の作品見るといつも、目の前に転がっているちょっとした楽しさを自分の卑屈さで逃してはいまいかと思いますです
もっとシャキっとしなくては!(^ω^)
2009/09/03 | ポケモン | comment(0)

コメントの投稿







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。